​【はじめに】

  筋挫傷

  軟部組織に損傷を受けると、その後大きく腫れ上がり、内出血を併発する場合がよくみられます。

  すると痛みが出て筋肉を動かしづらくなり、ボールを蹴ったり、しゃがみこんだりすることさえ

  できなくなってしまうこともあります。

  そしてそのまま放置しておくと、内出血したところの吸収が不完全になり、

  次第に固まっていき、筋肉内血腫となってそのまま残ってしまう場合があります。

  受傷した頃に比べると、かなり楽になったけれどどこか本調子ではない。でもプレーできないわけではない。

  という状況で無理して頑張っているうちに、可動域がさらに小さくなり、

  パフォーマンスが低下してしまうという悪循環になりかねません。

【初期対応】

   そうなってしまう可能性を少しでも下げるために、あらゆる方法で出血を抑えることが重要です。

 

   まずはアイシングをして血管を収縮させます。 

  そして大腿部前面の場合、膝を可能な限り曲げます。

  そうすることで筋肉の圧力を上げ、出血するスペースを減らすことができます

   可能であれば、テーピングを巻いて圧迫するという方法もありますが、

  熱がこもって痛みをさらに誘発してしまうこともあるので、少し注意が必要です。

 

 

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now